職場で使える!30代エンジニアのoracleエラー対応

とある三流エンジニアが日々起きた出来事や今打ち込んでいることについて備忘録として残していきます。

oracle

ORA-00923:「FROMキーワードが指定の位置にありません。」が出たらまず確認すること

投稿日:

スポンサーリンク

「ORA-00923」が発生した時の対処法としては、

まず、FROM周りに誤字脱字がないか

確認してください。

 

大体が不要なカンマがあったり、

スペルミスしていることが多いです。

例えば、以下もような場合にも「ORA-00923」は発生します。

【誤】
SELECT
A.TESTNO,
case A.TESTNAME
when ‘BBB’ THEN ‘CCC’
else A.TESTNAME
end A.TESTNAME
FROM TEST A;

【正】
SELECT
A.TESTNO,
case A.TESTNAME
when ‘BBB’ THEN ‘CCC’
else A.TESTNAME
end TESTNAME
FROM TEST A;

として、endの後の「A.」は不要となります。

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ネットブログ Googleへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Oracleへ
にほんブログ村

-oracle
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORA-00942: 「表またはビューが存在しません。」対処法

基本的には読んで字のごとく、 表(テーブル)、 またはビューが存在していないということ。 本当にないというのがほとんどであるが、 なぜないのか?ということについて追及する。 Contents1 物理的 …

no image

データベース変更後の文の呼び出しにおけるエラー(ステートメントキャッシュに関する制限)

本日は 「データベース変更後の文の呼び出しにおけるエラー」 についてです。   何かといいますと、 データベース変更後の文の呼び出しにおけるエラーとありますが、 この場合のエラーとは実際にe …

ORA-00913:「値の個数が多すぎます。」の対処法について

insert文を発行した際によく見かけるエラーです。 値の個数が多すぎると言われても、、、 って感じですよね。 VALUESの項目数はテーブルの項目数と一致しているし。   でも、よくSQL …

SELECTした項目でUPDATEする際に発生する「ORA-01407:(ユーザ名.テーブル名.項目名)をNULLには更新できません。」

今日は、 ORA-01407:(ユーザ名.テーブル名.項目名)をNULLには更新できません。 について、解説します。   開発中に UPDATE文を作成する際の基本公式は、 UPDATE テ …

プライマリキーを追加しようとしたらORA-02260

勇気を持ってコマンドを打って下さい!   今日ご紹介するのは、 「ORA-02260」   1つのプライマリキー(ユニークキー)を持つテーブルに、 2つ目のキーを追加しようとし、下 …

まだデータがありません。